安溥、10 年ぶりの新作『9522』を発表。少女が大人の女性になるまで記録

BY Taiwan Beats

前作のアルバム『神的遊戲』から丁度10年の月日を経て、今秋、安溥が5枚目のニューアルバム『9522』をひっさげて音楽シーンに復帰する。新作の発表に伴い公開されたアーティスト写真では、ロングヘアをバッサリと切った安溥が、クールな大人の女性として伝統的な社会と男の価値観に基づく女性の美しさに対してNOを突きつける。このアルバムについて、安溥は以下のようにコメントしている。「このアルバムに収録された16曲は、女性をテーマにしたものではなく、ひとりの女性が27年の時間をかけて、青春時代から今に至るまでの様々な出来事を楽曲と共に経験し、それによって向き合うことができた今の自分自身のアイデンティティをテーマにしたものなの」

1年半前のある晩、仕事のスケジュール管理をしていた安溥は数年分の自身の作業ノートを見つけた。そこには前世紀の自分の青春時代から今に至るまでの未発表曲が書かれていた。ちょうどコロナの影響で人々が自宅にいる時間が増え、安溥も子供が寝ている時間、自分自身の思い出や未来のことについて一人っきりで考える余裕ができていた。その日、彼女は夜が明ける前に、一人の女性としてこれまでの人生の思いを、27年前の曲によって表現しようと決意したのであった。

1年半後、安溥は16曲の楽曲作品を携えて、長い月日を通じて、少女から大人の女性までの成熟していく内面を見事にまとめあげたアルバム『9522』を完成させる。収録されている楽曲は安溥が14歳から17歳までに至るまでの間に作曲した楽曲で、当時の内容に一切手を加えることなく録音された楽曲や、様々な経緯を経て、何度も修正されてようやく完成した楽曲も含まれている。シングル曲は8月初旬にデジタル配信され、アルバムは8月中旬に予約販売が開始され、9月末にデジタル版と共にリリースされる予定だ。

このアルバムは安溥の親友である二人の天才–黄小楨とCiacia 何欣穗によってプロデュースされ、コロナ禍における制限がありながらも、3人はオンラインでのやり取りを通じてアルバム制作を行い、尊敬するミュージシャン達を集めて自由な発想で制作を行った。このコロナをきっかけにして、20代を送った2000年代の思い出を語り合い、音楽制作の経験を経て得た30歳の思いを話し合った。そして40歳となった今、母となり、長い付き合いになった友情を互いに語り合った3人は、異なるテーマの楽曲を対話とアレンジによってまとめあげ、メリハリのついたアルバムに仕上げたのであった。安溥は笑いながら言った。「このアルバムは作曲ができる女が歩いてきた魔法の時間なの。ぜひみんなに私が感じてきたものを経験してほしいわ」

収録されいる楽曲は安溥が「張懸」という芸名でファーストアルバムの『My Life will⋯⋯』を発表した時からすでに作曲されていたが、当時レコード会社の考えによりこれらの楽曲は日の目を浴びることはなかった。しかしだからといってこれらの楽曲が劣っているというわけでは決してなく、27年の月日を経て、こうして今回リスナーの元に届けられることとなったのだ。

『9522』に収録されている作品は洗練された歌詞や、独特な言葉選び、心の中のイメージ、隠喩などの安溥の作風が色濃く出ており、それでありながら商業性も感じさせるような、耳に馴染む分かりやすい内容となっている。楽曲のバラエティも豊かで、女性としての自我や傍観、記憶と時間などのテーマや、女性と青春や子供、社会、暴力、ひとりきりなどの関係性をテーマにした内容の楽曲も歌っている。

ショートヘアに、特注のパンツスーツで決めた安溥のニューアルバムからは彼女の知性と気取らない独特な個性が感じられる。今回のスタイルのインスピレーションについて尋ねると、彼女はこのように答えた。「みんなで目標について話し合っていたんだけど、女性は男らしくなろうと思えば男の人よりも男らしくなれるし、女らしくなろうとする時も、男の価値観に迎合するのではなく、自分にとって最も快適なスタイルが結局一番セクシーなんだってことに女の子に気づいてもらいたかったの」

安溥は言う。「私が若い女の子達に伝えたいのは、私達は男の人よりも男らしくなる必要はないし、男の人のために女らしく振る舞う必要もないってこと。今の世代の女性は自分のために、自分の体と心、そして頭脳を培ってほしいし、この社会での自分の理想のあり方を最大化することで、女性全体のあり方はもっと増えていくと思う。そういうあり方は女性によって刷新されていくべきで、男性によってその世代の価値観を決められるべきではないと思うの」

10年間新しいアルバムを発表していなかった安溥だが、「北高雙蛋」にてプロデューサー、監督、歌手として「潮水箴言 」を完成させ、個人コンサート「煉雲」を実施。また、「玫瑰色的你」で金曲賞の最優秀作詞家賞を獲得した。プライベートでは結婚、出産、離婚を経て、女性スターとして復帰。今回のアルバムのキービジュアルとして写真撮影を行う当日、陽気な気分だった安溥はカメラの前で音楽にノリながらこう言った。

「以前イギリスで勉強していた頃、毎週木曜日のレディースナイトにダンスフロアで踊るのが一番好きだったの。私はあまり上手くないストリートダンスしか踊れなかったけど、女の子っていうのは気持ち良ければ、少しノッているだけでもとても楽しいものなのよ」レディースナイトの割引きについて、彼女は特に気にかけることなく頷いて言った。

「そう!アソコがついてなければ、お得なの!」

安溥の10年ぶりのニューアルバム『9522』は8月に予約販売が開始され、9月にリリースされる。

画像提供:聯成娛樂

Genres:Pop
BY Taiwan Beats
Related Articles
11462