台日音楽新世代:羊文学、LÜCYとのコラボレーションによって制作した楽曲「OH HEY」を配信リリース

BY Taiwan Beats

日本の人気バンド羊文学が台湾の稀代のアーティスト・LÜCYとのコラボレーション曲「OH HEY」の配信を発表した。本作は、新型コロナウイルスの影響により、台湾と日本という遠隔の地ながらも、リモートセッションを通し楽曲制作が行われた。

LÜCYはストリーミングサービスで音楽を聴くことが多い。ある日偶然に聞いた羊文学が歌ったアニメ映画「岬のマヨイガ」の主題歌は、日本語ができない彼女は、言語の壁を超えた塩塚モエカの歌声に凄く感動された。その経験は二人がソーシャルメディアでお互いにフォローする契機になりました。

さらに、二人はお互いの音楽の好みや人生に対する態度に共感していることを皮切りに、両方とも試したことのないジャンルに挑戦してみない理由について話し合ってから、 「OH HEY」が誕生しました。

楽曲のバンドアレンジは羊文学が担当、ファズやモータリックビードと伴い、サイケデリックな聴覚空間を作り、そしてLÜCYと塩塚モエカが共作で手掛けている歌声は、日本語と中国語お互いの言語が共存するユニークなスタイルの歌詞に仕上がっているので、ぜひご一聴あれ。

BY Taiwan Beats
Related Articles
11389