TWEEDEES×ゲシュタルト乙女 日台スペシャル対談【後編】

キーワード

前編ではお互いのルーツについて語り合ってもらったTWEEDEES×ゲシュタルト乙女の日台音楽談義。図らずもお互い好奇心の高いモノ同士で、想定していた内容より話はさらに深いゾーンに突入していったのだが、その結末は…


沖井:Mikanさんが日本語の歌詞を書いて日本語で歌われているじゃないですか。その日本語へのこだわりが気になりました。例えば中国語や英語でも歌えるワケですよね?そこを敢えて日本語で、というのが。

Kaiaki:そもそも中国語だったり台湾語って日本語の文法と全然ちがっていて、例えば日本語で「ギターを弾きます」って表現するとき、動詞が後に来ますよね?中国語とか台湾語は英語と同じで、先に動詞が来るから、最初のワンフレーズでこの人が何を言いたいのかっていうのが、だいたいわかるんです。逆に日本語は最後まで聴かないと何を言いたいのかがわからない。その点が自分にとって日本語の興味深い点ですね。あと発音がぜんぜん違いますよね。で、僕には日本語の発音がフランス語のように聴こえるんですよ。とても綺麗に聴こえて与える印象が違ってくる。そういうメリットがあると感じているからなんです。

Mikan:まず日本語の響きそのものが好きなんですが、日本語で歌詞を書くきっかけは、友人に歌詞を読まれるのが恥ずかしかったからです。もちろん中国語で歌詞を書くこともあるんですけど自分の感情が丸見えなのはどうしても抵抗があって。大人になって気がついたのは中国語の方が感情を伝えるのに直接的なのに対して、日本語の方が自分の性格に合ってるというか、例えば「会いたい」という表現一つ取っても、中国語より日本語の方が感情を抑えた控えめな言い方ができるなと感じています。だから日本語で歌詞を書く方が楽というか、相性が良いんですね。

── とても借り物の言葉で歌っているようには聴こえないです。

沖井:日本語の発音が綺麗!

Mikan:ありがとうございます(笑)

沖井:僕は昔、Cymbalsっていうバンドやってたんですが、そのバンドの時、自分が歌詞書いてて、全部英語でした。で、さっきMikanさんが言ってた理由が、まるで自分の話を聞いてるみたいで驚いたんですが、僕の場合だと日本語が直接的すぎて、英語はもうちょっと遠回りできるとか、メロディーの中で英語の方が音節で多く単語を入れやすいっていうのが理由として大きかったです。たぶん僕は歌詞の中で多くのことを言いたかったんだろうなと思うんですが。おしゃべりだから(笑)。

── 知ってます(笑)

沖井:あと、今まで聴いてきた音楽が英語の曲だったから、自分が作るメロディーに英語が乗せやすかったと思うんですね。

Kaiaki:ってことは僕たち結構似てるとこあるんですね(笑)

全員:(笑)

── この2組は曲調はぜんぜん違うんだけど、近いとこはあるかもですね。自分の印象だとゲシュタルト乙女はマイナー調の曲が多いし、TWEEDEESの方は反対にメジャー調の明るい曲の方が多い。

Kaiaki:Mikanはメジャー調の方が好きなんです。

── あ、そうなんですね?

Kaiaki:僕らの楽曲はサウンド的にマイナー調のモノが多いです。ただ、歌詞の気持ち的な部分としては明るいメジャー調なんです。曲調がマイナーで歌詞がメジャーだと不釣り合いな感じがしてしまうかもしれませんが、例えば人って失恋したらマイナー調の曲を聴きたくなる感じですよね?ゲシュタルト乙女が伝えたい世界観に『普段の日常生活』っていうのがあって、そうやって辛いことがあったとしても前を向いて歩いていこうねっていう気持ちがあるから、それはメジャーなんですよね。「生まれ変わったら」っていう曲が正にそういう曲です。

── Mikanさん、Kaiakiさんが言ってることに間違いない?

Mikan:そうですね(笑)

沖井:明るいっていうかポジティヴなんでしょうね、きっと。どメジャーなキーじゃないんだけど、歌詞の内容もそうだし、全体を通してポジティヴなことを伝えようとしているんだなあっていうムードは音にも出ているし、そこは僕もよくわかります。

Mikan:『Nice to 密 you.』のEPはちょうどコロナ禍に作らせてもらったのですが、大変な目に合った人たちの心の支えになればいいなという思いを込めています。タイトルに「密」という言葉を入れて、悲しんでいる人に寄り添う曲になればと。

沖井:それは伝わりました。

Mikan:ありがとうございます(笑)

沖井:僕らも同じようにやっぱりミュージシャンとしてどういう発信をしていけばいいか考えるけど、まだ直接的な行動に出れてなくて、悩んだりしているところもあるんですけど、そんな中でああいう曲を聴かせてもらって、僕もがんばろうって思いました。

Mikan:嬉しいです。

Kaiaki:僕も嬉しいです(笑)

沖井:がんばります(笑)

Mikan:一緒にがんばりましょう!

沖井:ですね!


今回、双方のタイミングの都合もあり、かなり限られた時間での対談になってしまった。本当だとお互いもっと話したいところだったが、それはまた渡航制限が解除されたタイミングで、対面形式で続きを聞かせていただくということで!

作者