TOTALFAT × Fire EX. 日台スペシャル対談【前編】

今回の日台スペシャル対談は台湾からFire EX.、日本からはTOTALFATをお迎えしてお送りします。

実はこれまでスペシャル対談に出ていただいたアーティストのみなさんは、お互いの存在を認識こそしていたけど、初対面というパターンがほとんどでしたが、今回は同じイベントに出演したり、お互いのライヴに足を運んだりと、すでに同志と言って過言でないほど仲が良い2組で、間に入って話を聞く我々がちょっと所在無いぐらい通じ合っておりました(笑)。コロナで渡航が出来なくなったので、今回、オンラインですが久々の再会となりました。


── Fire EX.との最初の出会いとその時の印象を聞かせてください。

Shun:川崎さんっていう自分の先輩から「見せたいバンドがいる」「絶対、仲良くなれるから!」って言われて、彼らが渋谷クアトロにライヴしに来てた時に観に行ったんですけど、そもそも台湾のバンドとか観たことなかったし、聞くところによると同世代だし、音楽がどうこうっていうよりもどういうパッションでやってるのかっていうところに興味があったんですね。で、そこをめちゃめちゃ喰らったんです。きっとオレらみたいなバンドなんだろうな、っていうのは1回観ただけでわかって、終わって楽屋挨拶とかも行かせてもらって、そのあとスタジオでメンバーに「Fire EX.観てきたけどマジ、ヤバいよ!絶対仲良くなれるから台湾行こうぜ!」って話したんですよ。

Bunta:ウチらは最初は台湾に行った時かも

Jose:そうだね、オレらが最初に会ったのはBIGMAMAと台湾にライヴに行った時に彼らが観に来てくれたんだよね。

Shun:野球のユニフォーム着て、観に来てたんだよ確か

Bunta:そうそう、野球の練習だか試合だかの後にそのままの格好で来てたんだよね(笑)

Shun:もうグローブとかバットとか持って!(笑)

Bunta:殴り込みに来たのかと(笑)

Fire EX.全員:(爆笑)

Shun:でも、その時もサムとゆっくり話す時間があって、その時にお互いのキャリアとかについて話したりして、そしたらバンドの生い立ちがオレらとすごく似ていて、そこで「一緒に演りたいね!」っていう話になったんですよ

── 彼らとのコミュニケーションは英語ですか?

Shun:そうですね、そんなに不自由なこともなく...おそらくお互いの英語のレベルも近いので、ちょうどいいのかもしれません(笑)

── Fire EX.はその時のことを覚えてますか?

サム:覚えてます。そしてShunに最初に会ったのは確かに渋谷クアトロでした。ライヴが終わってShunと楽屋で話をして、すごく気が合うだろうなって感じました。それがきっかけで日本でライヴやる時は必ずShunを誘って観に来てもらってます。下北沢では一緒に飲みに行きましたね。そうやって何回か会ってるうちに友達になれた気がします。さっきShunが言ってましたが、同世代でどちらのバンドも学校のクラスメイトで組んだっていうことや同じ年にデビューしてたりだとかそういうこともあって妙に親近感が沸いたんですよね。

── TOTALFATのライヴを観た感想は?

Orio:情熱的でしたね

サム:本当に素晴らしいパフォーマンスでしたね

KG:強かったですね(笑)

(スタッフ注:台湾では「すごい」の最上級が「強い」だそうです)

Shun:強いって言われるのは嬉しいですね、なんか(笑)

── そこからいろいろ交流が始まった感じですか?

Shun:はい、TOTALFATの国内のツアーに彼らを呼んだんですよ。冬のツアーだったんですけど。関東2ヶ所を一緒にやって、で、僕らのお客さんで満員の会場(要するにアウェイな状況)でFire EX.が全力のパフォーマンスを見せてくれて、で、ちゃんと自分たちの思いだとかを伝えて、しっかり爪痕を残して行ったんですよ。

Bunta:そう、ちゃんとポケット翻訳機を持って来ていて、それをマイクのとこにかざして(笑)

サム:はははっ!

Shun:もう、とにかくどんなことをしてでも自分たちの思いを伝えるっていう徹底ぶりがカッコいいなと思ったのと、その日、雪が降ったんですが、ウチらのバンドは別に雪とかどうでもいいから、さっさとホテルに帰ったんですけど彼らだけずーっと雪で遊んでて(笑)もう「雪だ!やった!」みたいな感じで(笑)

── そっか台湾は雪が降らないですもんね(笑)

Jose:すごいはしゃいでましたよ(笑)

Orio:あんなに雪を見たのは初めてだったんです!

KG:そうそう

── 滅多に見れないですもんね!

サム:台湾で雪が積もるとしたら、本当に山奥ぐらいなもんで、仮に積もったとしても薄っすらだったりするから喜び勇んで見に行ったところで着く頃には溶けてたりとか(笑)

Shun:確かにあの時は相当積もったけど、それにしても子供よりはしゃいでましたよ(笑)

サム:あの時が別に初めてだったワケじゃないけど、雪は何回見てもテンションが上がります(笑)

── Fire EX.って日本語の歌詞だったり、テロップで日本語訳の字幕を入れたりだとか、日本への愛情を感じて嬉しいんですけど、いつから日本のことが気になり出したのでしょうか?

サム:最初に日本に行ったのは2012年のサマソニに出演した時なんですが、その前日に下北沢のライヴハウスでライヴをやったんですね。その時に共演したlocofrankとかに良くしてもらって、それから日本のバンドと交流する機会が増えていったと思います。で、そのあと2016年に新しいアルバムを発売したタイミングで東北の震災地でミュージックビデオの撮影をしました。そのときに初めて日本語の字幕を入れたんですけど、それがきっかけになって、自分たちの歌の歌詞を理解して欲しいっていう思いが強くなったんですね。そういうのもあって日本ver.のCDが出たり、後は日本のアーティストを誘って自分たちの楽曲に参加してもらったり、だとかそういう企画を積極的にやるようになって行ったんですね。そういうアクションを始めた2016年っていうのは自分たちにとってもターニングポイントだったんだなって今、思います。

── じゃあ、やっぱり日本っていう国に興味を持つきっかけも音楽を通してってことだったんですね。

サム:いや、そこは音楽じゃなくてお酒ですね、飲み会(笑)

TOTALFAT全員:

Shun:オレが知っている範囲で補足すると、サムと話してて、オレらと同じようにAIR JAM世代って言われるHUSKING BEEとかHi-StandardとかBRAHMANとか、そういう日本のパンクバンドに海を越えてFire EX.のメンバーが影響を受けて育ってきたっていうのは聞いてて、だから偶然が重なって日本に来るようになって、日本語で歌うっていうところに至ったかもしれないけど、おそらく偶然がなかったとしてもFire EX.っていうバンドは日本でライヴをやったり、テロップを入れたりっていうことは必然的にDNAとしてやってたんじゃないかなあとオレは思います。

Jc:すごく上手くまとめてくれました(笑)

Shun:超わかってるから。Fire EX.わかってるから(笑)だからHUSKING BEEの磯部さんが彼らの日本語訳をサポートしたり、それをサムが一緒に歌うっていうのは彼らにとってはものすごいことで、作品やライヴを通してそういうのを叶えて日本に来ているっていうのは、すごくリスペクトしてます。

サム:ありがとう!

Shun:まかしといて!(笑)

サム:がんばります!(笑)


という感じで前半はここまで。さすがに通じ合ってるだけにお互い終始にこやかな表情でおどけてましたが、ちゃんとリスペクトしている気持ちは言葉の端々から伝わってきました。次回さらにディープなゾーンに話題が展開しますのでお楽しみに!!

作者