それぞれの人生へ祝福を。淺堤Shallow Levée新アルバムリリース、Zepp New Taipeiにてワンマンライブ決定。

キーワード

    台湾インディシーンの新世代として期待されているバンド「淺堤 Shallow Levée」、彼らの待望の新作『婚禮之途 Endless playlist』が完成した。アルバムのコンセプトはメンバー全員が一緒に結婚式へ参加したことから始まる。同時に30代を目前とした人生の振りかえりでもある。アルバムのプレイリストは「結婚式に参加する旅」というテーマに沿って並べられている。出発前の期待、パーティーの歓声と帰り道の静けさ。10曲のトラックに沿って過去を振りかえる旅に出て、自分の成長を確認しながら、自分を許したり、優しくなったりしていく。

    高雄出身の淺堤Shallow Levéeは2016年の結成以来、3枚の作品を経て、2度の金音創作獎(Golden Indie Music Award)ノミネートを経験している。最初の作品『怪手」(ショベルカーを意味する)では社会の不平等に対して穏やかながら断固たる抵抗を示し、『湯與海Soup & Ocean』では故郷の日常を煮詰めて歌を作った。昨年リリースした初のアルバム『不完整的村莊 The Village』では未来に対する疑いと迷いを解き放った。外から内へ創作の道を辿り、自分と向き合いながら自分の中で修復していく。今回のアルバム『婚禮之途 Endless playlist』はさらに進化し、成長の戸惑いに直面し、本当の自分を受け入れようというメッセージが伝わってくる。

    ベースの方博(ファンボ)は、今回、初めてアルバムプロデュースを担当。金曲獎(Golden Melody Awards)受賞プロデューサー、蕭賀碩と共同でアルバムを制作した。ボーカルの依玲(イーリン)が作曲、作詞を担当。豊かなサウンドに愛が込められ、台湾南部、高雄の暖かさを感じさせる。前作の「不完整的村莊 The Village」では、曲を書いて内省し、疑問を投げかけることが多かったが、今回のアルバムでは、より幅広い人たちへ曲を捧げている。確固たる姿で、深い祝福を込めた曲である。聴き手がより強い心を持ち、人生がもたらす全ての変化を感じられるよう願っている。

    アルバムについて、ボーカルの依玲(イーリン)にインタビューした。

    「今回のアルバム『婚禮之途 Endless playlist』は、私たちメンバー4人が親友の結婚式に参加したことから始まりました。小さな結婚式だったので、私たちはすべての参列者を知っています。一緒に仕事をした友達、誰かの元カレ、元カノ、元ルームメート、高校の同窓生、バンドメンバーなど。この結婚式は私たちにとって成人式のようなものでした。パーティーで誰かが涙を流しながら挨拶をしたり、誰かが酔っぱらったりしていました。この夜が過ぎれば、みんなはそれぞれの職場に戻り、苦しみと幸せが混ざり合う生活の中で生きていかなければならないということを、私たちは知っています。ですから、アルバムの英語タイトルを「Endless playlist」としたのは、あの夜のパーティーが、終わりのないプレイリストのように、決して止まりませんように。と、私たちがひそかに願っていたからなんです。」

    そして彼女に、新作アルバムからおすすめの三曲を紹介してもらった。

    禮物 feat. HUSH(Blessing)

    「『禮物(Blessing)』は今回のアルバムの原型であり、アルバムのコンセプトについて話し合う前からあった曲です。アルバムの最初の曲として、結婚式で新郎新婦の入場時に流される曲のような、お祝いのメッセージを込めた曲でアルバムを表現したいと思っています。自分で言うのはちょっと恥ずかしいけど、歌詞がとても感動的。私は涙を流しながら歌詞を書きました。」

    刺激2021(Get Busy Living)

    「『刺激2021(Get Busy Living)』は個人的に一番好きな曲です。今までの作品の中で最もテンポの速い曲です。私はこの曲のアウトロの展開が好きです。アウトロで迷った時、パンクにしよう!と最初はただスタジオで冗談を言っただけだったのですが、真剣に編曲をしていくうちにどんどん良くなっていったんです!私一人で曲を作ると、かっこよく仕上げたくてもなかなか難しい。メンバーがいてくれるというのは、本当に素晴らしいです!」

    西邊(West West Side)

    「『西邊(West West Side)』はベースの方博(ファンボ)が作詞、作曲を担当した曲です。映画『ソウルフル・ワールド』を見た感想だと聞きました。私は二つのギターで対位法的な演奏がされている部分と、方博のコーラスがとても気に入りました。シンプルで聴き心地の良い一曲です。」

    また、アルバムリリースに伴いリリースツアーの日程も発表された。今回の台北公演はZepp New Taipeiというこれまでになく大きな会場で開催!

    「Zeppは安心感を与えてくれる会場だと思います。収容人数が多いので、初めてライブ出演した時は緊張しました。二回目の出演はちょうど大きな地震があった日でした。コロナの影響で無観客になってしまい、初めての時ほど盛り上がることができませんでした。いまからZeppでのワンマンライブを楽しみにしています。Zeppのように大きな会場でワンマンライブする機会は今までありませんでした。水を得た魚のようになれるといいな。皆さんに会えることを楽しみにしています。ぜひぜひ来てください。公演の内容を今、考えているところです!台湾らしさを感じられる結婚式のようなステージにしたいと思っています!」

    --------------------------------------------------------------

    淺堤 2022《婚禮之途》發片專場巡迴
    Shallow Levée 2022 “Endless Playlist”Live Tour

    02/12 高雄 LIVE WAREHOUSE
    02/18 台中 LEGACY TAICHUNG
    03/05 台北 ZEPP NEW TAIPEI

    作者