台湾のポスト・クラシカル室内楽「Cicada」 耳を澄ませば自然の中から聞こえてくる山紫水明のアンサンブル

関連ジャンル

キーワード

    台湾のポスト・クラシカルバンド「Cicada(シカーダ)」が、2月21日〜23日の3日間に大阪、静岡、東京の3都市を巡る日本ツアーを敢行する。

    これまでも幾度か日本でのツアーを敢行してきた「Cicada」は、2009年に台湾で結成、翌年2010年にデビュー。現在は、ピアノの江致潔 Jesy Chiang、アコースティックギターの謝維倫 Hsieh Wei-Lun、チェロの楊庭禎 Yang Ting-Chen、バイオリンの許罡愷 Hsu Kang-Kaiの4人から成るバンドである。ピアノのメロディが中心となり、それを彩るように煌びやかなアコースティックギター、空間的な広がりを増幅させるバイオリン、深みと迫力を曲に添えるチェロの音色。これらのアンサンブルが絶妙に絡み合って、大自然(サウンドスケープ)や人々の心の機微の変化を音楽として描く。国境を超えて聴き手の心のどこかを強く打ち、時にはまどろむような心地よさを与えてくれる。

    2013年にリリースしたアルバム『邊境消逝(Coastland)』以来、Cicadaは台湾という土地をテーマに、台湾本島を取り巻く海の想いや人々の関わりをバンドの演奏に託した楽曲スタイルを確立。メイン作曲者の江致潔は、『邊境消逝(Coastland)』では台湾西岸部、2015年リリースの『仰望海平面(Light Shining Through the Sea)』では大自然が多く残る台湾の東岸に実際に足を運び、そこで生まれた感情や大自然への様子を表した作品を生み出した。台湾の、時には荒々しく、時には静かな自然の様子を取り巻く情緒豊かな世界観が、荘厳なアンサンブルで表現されている。台湾を思う気持ちが現地人の感情を大きく揺さぶり支持を得て、唯一無二の存在を確立したバンドとなった。

    その後も、2017年のアルバム『White Forest(不在的你們都去了哪裡)』では、人と海にまつわる世界観から更なる発展を見せ始めた。街中の猫や林の中の鳥など、彼・彼女らの描く世界観は広がりを見せていく。台湾の東側は山岳地帯が連なり、それは東岸部まで達する。

    昨年2019年にリリースした最新アルバム『走入有霧的森林(Hiking in the Mist)』でも、実際にメンバー自ら山に赴き、小川の流れる水音や風が木々を通り抜ける音、沈んでいく夕陽など、目と耳で感じたもの全て4人の演奏に込めていった。特に、北大武山での陽が落ちる様子、奇萊山と呼ばれる山岳地帯で陽に照らされ黄金に輝く草地を目の当たりにして感動したという様子は、そのまま曲名にもなっている。

    『走入有霧的森林(Hiking in the Mist)』の1曲目のアルバムタイトル曲「走入有霧的森林(Hiking in the Mist)」は、ギターとピアノが奏でるアルペジオの主旋律はどこか美しい風景に迷い込んだような場面を聴き手に想起させ、チェロの太く奥深いサウンドは、背の高い木々と霧に囲まれたものものしい雰囲気を感じさせる。そこから作り上げられる演奏には森の精霊や超自然的要素、例えるなら『もののけ姫』のような世界観さえ感じられた。自然情景の中で、耳を澄ましたら何処かからそのまま曲が聴こえてくるよう彼らの表現は、過去に映画のサントラも担当するほどの評価を得ている。

    個人的なオススメ曲は同アルバム4曲目の「降落在金黃色草坡(Sunlit Grassland)」。彼らが曲に提示した、山中で太陽に照らされた草地は、朝の日の出に照らされた神秘的な生命力の黄金色なのか、白日の柔らかな黄金色なのか、はたまた遠く彼方の地平線に沈んでいくどこか哀愁を帯びた光の黄金色なのか。もちろん、人によって感じるもの、思い出すものは異なるだろうが、いずれにせよ、ギラギラと照りつける強い日差しではなく、感嘆の溜め息を漏らしてしまうような絶景や何気ない自然美を感じさせる。

    ちなみに、中国語ではこういったインストゥルメンタル音楽を「純音楽」と呼ぶ。
    言葉さえも混ぜない純粋な音のみで壮大な自然を示し、しかも4人のメンバーのアコースティックサウンドの室内楽でそれを展開させる。雄大な自然も荒れ狂う天候も、そこから感じたものを混じり気なく、純に形にしていくCicada。屋内の少し屋根の高いリバーブがかかるような場所で聴いたらたまらなくなる、そんな心地よさに包まれるだろう。

    台湾を代表するポスト・クラシカルグループCicada。2018年の来日公演でも割れんばかりの拍手で幕を下ろしたCicadaが、今回はどんな音を届けてくれるのか。観衆一人一人にどんな情景を見させてくれるのか。是非その目と耳に焼き付けに行って欲しい。

    <公演情報>

    Cicada
    「Cicada Japan Tour 2020」

    =ツアー日程=
    2020年2月21日(金)大阪・島之内教会
    2020年2月22日(土)浜松・鴨江アートセンター(/ w: zmi)
    2020年2月23日(日)東京・TOT STUDIO(/ w: Hsieh Wei Lun)

    Cicada オフィシャルサイト:https://cicada-tw.com
    YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/user/Cicadatw

    作者